読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。10年以上の精神疾患持ちなので、たまには愚痴も出ます。

音楽を読み、本を聴く

自転車 読書 雑談 音楽

音楽と読書、そして自転車。

これが私の3つの車輪。

能動的な自転車と違って

音楽と読書は聴く、読む、と受動的だが、実は自転車を回したり、日常生活の源となる重要なエネルギー源になるのだ。

音楽はクラシック音楽をよく聴くが、ジャンルにはこだわっていない。なんでもよく聴く。しかし、繰り返し聴いているものはだんだん決まってきてしまう。

クラシック音楽の凄さは音楽の深さであり、演奏する音楽家のさまざまな解釈を聴き比べることであると思う。だからクラシックは飽きない。

 

ここ2年ほど、読書に力を入れている。が、昨年はかなり体調が悪く、本を読むどころではなかった。今年は体調が上向きになったので、今年はあらためて。

学生の頃は社会学や都市論などの本を乱読していたが、あれから20年以上経つ。

齢も重ねて機は熟した。あらためて古典に帰ることをベースに、今まで読んでこなかった本を読みまくろう、と。

毎日何冊だ、年間何冊だ、という読書量をひけらかすことが目的でなく、自分がどう感じ考えたか、ということを中心に据えて楽しく読む。

 

すっかり積ん読本が増えてしまっているが、構わない。どんどん読んでどんどん買う。Kindleもあるので紙の本と織り交ぜていけばかなり読めると思う。

ちょっと奥の皿が気になりますが、パスタランチの後の読書。