生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

体調上向きの兆候。

昨年11月、12月は本当に体調が悪かったのであまり本が読めなかったのです。

読書は無理にしても意味がないので、また体調が回復してからゆる〜く読めばいいと過ごしてきました。

今年に入って本を読みたいな〜といういわゆるビッグウェイブですか?が来まして、早速その波に乗ってブックサーフィンを楽しんでおります。

Kindleの力も借りつつ、今まであまり読まないできたジャンルを少し意識して読んでます。

 

わたしはマララ

わたしはマララ

 

今はこのマララさんの本を読んでいます。酷い男尊女卑の社会に生まれながら立ち向かうマララ、教育さえも女性には与えられなかったという社会からどう立ち上がっていくのか、昨日から読み始めています。

 

 

 今日丸善に寄ってこれを購入。9.11以降に読むべき世界文学を編んだ池澤さんの文学案内。パラパラと読んだだけだけど、まだまだ知らずにいた世界があるのだなとつくづく思う。

 

確実に体調は上向きです。無理はせず、楽しくやっております。

 

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi