読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

コンポーネントをONKYOからDENONに変えました。

f:id:jsbgm1860:20160811140306j:image

こんな感じになりました。

 

DENON

アンプ PMA-50

CDプレーヤー DCD-50

 

 

サブウーファーYAMAHA

メインのスピーカーはJBLのcontrol 1plus 。

 

最初、このYAMAHAのエントリーモデルサブウーファーを追加して聴いてみた。

 

ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST-SW010(B)

ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST-SW010(B)

 

 

これがなかなか効果的でして、しかし、かえって中高音域に張りがなくこれではバランス悪いわと。

うーんと考えて、ヨドバシカメラへ行ってスピーカーを試聴してみた。

 

 

 このあたり、良いのでは?と思ってみたものの…

ONKYOのCDレシーバーの音にも不満があり、そうなると総取り替えになってしまうので、また考える。

今持って聴いているJBLのスピーカーは決して悪くないし、唯一不満だった低音もサブウーファーで解決したので、やはりCDレシーバーをグレードアップする事に。

散々試聴しました。もう、2時間以上ヨドバシカメラで聴きまくりました。f:id:jsbgm1860:20160811142044j:image

 

合唱は明晰に声部が聴こえるか、

チェロは芯のある豊かな響きになるか、

オケものはフォルテが混濁しないか、

あまり大きなサイズの装置は置けないのでできるだけコンパクトなものを、

 

いろいろ検討を重ね… 

f:id:jsbgm1860:20160811140502j:imagef:id:jsbgm1860:20160811140513j:image

 

 

 

 

 これに決めました。

アンプ部分はスピーカーが1ペアしか取り付けられないものの、

PCからの音源を聴けるDAC付き。USB接続。

CDプレーヤーからはコアキシャル端子接続。

サブウーファーへの出力端子あり、

ほぼ自分が欲しいもの全て付いていて、価格もそれほど高くない。ヨドバシカメラの店員さんもかなり勉強してくれたので、決めました。

 

1週間経ってインプレッション。

散々ヨドバシカメラで試聴した甲斐あって、JBLとの相性はバッチリでした。フルオケやジャズの低音を響かせたいときなどは、サブウーファーをつけますが、軽めのポップスや室内楽を聴くのなら、むしろサブウーファーなしで聴いても良いくらいです。そのくらいJBLのスピーカーの素性の良さをDENONコンポーネントは再現してくれます。

不満点は、

CDプレーヤーがレジューム対応しないため、途中ストップボタンを押してから再生すると、また最初から再生してしまう。

アンプの上の発熱が意外に高い。デジタルアンプって、トランジスタアンプより発熱しないと思っていたが、ほとんど同じようなもの。回路が早く逝ってしまわないか心配。

 

あとは満足です。マーラーブルックナーワーグナーなどの大編成ものもサブウーファーの効果とあいまって、聴いていて充実しています。