生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

カラマーゾフの兄弟 第3部へ

▶昨夜、サガン悲しみよこんにちは」読了。18歳が書いた小説らしい、瑞々しい輝きを持った作品だった。なんだかんだ言っても父親父親なら娘も自由奔放だ。そこはフランス人らしいのかな。

▶今朝未明、5時前に目が覚めた。性的な夢をみたためか、しばらく眠れない。仕方なく、本を読む。日野啓三「牧師館」短篇であるが、体内に悪性腫瘍ができた男が、今まで感じられなかったことを感ずるようになる話。寝ぼけた頭にはそんな感想しか浮かばない。

 

 ▶朝食を摂って、2度寝する。9時前起きてスーパーへ買い出し。相変わらず野菜は高い。生産者の人もギリギリでやっていると聞く。その気持ちを思うと安易に安くしろ!とは言えないところ。

▶スーパーに隣接する書店を覗くも、品揃えが酷い。岩波文庫がない書店は気の抜けたサイダーと同じようなもの。田舎だから仕方ないのか?

ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟」第3部(光文社古典新訳文庫の第3巻)を読み始める。ゾシマ神父の死により、アリョーシャが一時錯乱、しかし次第に自分の道を見出していくあたり。

 

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

 

 ▶途中、娘が撮り溜めたテレビ録画を見るというので、喫茶店にカミさんと一時避難して読書。

▶今日もからだも気持ちも調子が良くない。最近は良くない時の方が多くなったので、これが普段なのだろうと思う。読書できるだけでも十分幸せなのだ。