読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

カラマーゾフの兄弟 読破!

ドストエフスキー ロシア 日記 文学 読書

▶今日も体調はイマイチながらも、出勤。午前中で早退してきた。繁忙期でないので有給休暇の人も多い今日の職場。

▶帰宅して一寝入り。なんかずーっと疲れた感じが続く。

▶3時前にコーヒーを淹れて「カラマーゾフの兄弟」第4巻、そして第5巻エピローグまで読み切りました!これでドストエフスキーカラマーゾフの兄弟」読破です!!

▶第1巻を読み始めたのが今年2月。なんとか年内に間に合った。

▶実は5年位前に第1巻だけ買って読みかけて挫折してたのだが、昨年Amazonで古本でこのカラマーゾフの全巻セットで出品されていたので思わず買ってしまった。だから第1巻だけは2冊持っているw

▶誰もが知っている超有名作品なのに、読んだ人はなかなかいない、というこのカラマーゾフ。やはり、読み応えありました。感想を書けって言ったって、このじわじわくる充実感を味わうのが精いっぱいで、なかなか感想は書けない。

▶いろいろ考えさせられた。父と子の関係、兄弟間の関係、恋愛、金銭、身分、ロシアの当時の状況、まだまだこの作品を深く理解したとは言えないが、国や宗教が違っても人間に共通するものを描いている点ではやはり世界文学の頂点にある作品であることに間違いない。

▶というわけで、土日までかかると思われたこの作品読破が予定より早く済んだので、今夜は読む本を選定することにする。

 

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)