生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【読書】 エッカーマン「ゲーテとの対話」(上)

 エッカーマンゲーテとの対話」(上)

ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)

ゲーテとの対話 上 (岩波文庫 赤 409-1)

 

 うーん、他書から、これは読むべき!と推されていたので、上中下巻まとめて買ったが、上巻でかなり退屈。そもそもファウストでも思ったけれどゲーテはかなり他の戯曲、詩、小説からの教養がないと本当の面白さがわからないのではないかと思う。

ホメロスオデュッセイアシェイクスピアリア王バイロン、シラーなどなどあまりに多方面に及ぶのでついていけない。

それでも、なんとか無理やりでも読む。今年はわからないなりにも読むことをしようと思っているので。

しかし、軽い短篇も読みたい気持ちもあるのだ。

と言いつつ、昼休みにはこれを読み始めた。

 

 ジョブズのクレイジーさがスゴイ。