読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【読書】 モア「ユートピア」 ルソー「人間不平等起源論」

読書 読書ログ 古典 社会思想

今月に入って、朝起きてらジオ体操をやっている。大した効果は期待していなかったが、肩回りや腰回りを動かすので、意外と頭痛肩こりには効果がある感じ。

 

モア「ユートピア

エラスムスの痴愚神礼賛を読んだので、盟友トマス・モアユートピアの読む。

早朝読書で10回ほど通読。

ユートピアと言えば昔いたコントコンビを思い出す。それはともかく、

モアが描いているユートピアとはいわゆる桃源郷的なものではないということ。

結構リアルな理想国家を提示している。プラトンの「国家」のあとに読むとなかなか興味深い気づきが得られた。

 

ユートピア (岩波文庫 赤202-1)

ユートピア (岩波文庫 赤202-1)

 

 

ルソー「人間不平等起源論」

10回通読。ホッブズやロックを大批判しているが、ロックもホッブズも読んでいないから全然わからない。近いうちに読んでおこう。古典本は芋蔓式に文献がつながっているから、読めば読むほど見方に奥行きが出てくる。

 

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)

人間不平等起源論 (光文社古典新訳文庫)

 

 明日明後日は仕事休み。じっくり読書時間をとって読書しようと思う。