読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【雑談】買ったよKindleVoyage

KindleVoyage予定通り購入に至りました。

f:id:jsbgm1860:20170416054851j:image

リアル書籍の良さもあるけれど、気軽にどこへでも持ち歩けるところがKindleの良い面なので、読書家と名乗るならば持って使うのはやぶさかではない。

 

Kindle、KindlePeperwhiteと使ってきたが、このVoyage、何と言っても圧倒的に薄くて軽いので長時間の読書はかなり楽になる。

この中に芥川龍之介夏目漱石太宰治宮沢賢治の全集が収まっているというのはもう奇跡という他ない。大げさかも知れないけれど。

 

KindleVoyageのレビュー系の情報はネットにあふれているので、あまり同じ事は書くつもりはないが、とりあえず感想。

 

電子書籍リーダーとして見てこの端末の良いところは

  スマホタブレットのように目が疲れない

  当たり前だがどれだけ電子書籍を買ってもかさばらない

  長時間の読書疲れが少ない

  ページめくりの速さは少し改善されている

 

と言ったところ。

 

ここはこうあってほしいというならば

  Amazon電子書籍になっていない本も読めるといい

  検索や文字打ちする時のレスポンスを良くしてほしい 

  容量は実質3GBくらいしかないのでどうせなら16GBくらいにしてほしい

  

くらいか。

 

今は電子書籍リーダーは実質Amazonの一人勝ちなので、競争による商品のブラッシュアップの緩慢さを感じるところ。

SONYは撤退したも同然だし、楽天koboって今でもあるか?というくらいの知名度だし、もっと活気付かないかなと個人的には思う。

 

以上、簡単なレビューでした。