音楽と読書と社会 日記編

「音楽と読書と社会」イトウの活動など日記

【日記】2018年7月30日朝 

▶︎やっと体の痛みが緩和してきた。波はあるものの1年以上痛みが続いているので、今後もどうなるかわからない。ただ、痛みの理由はわかっているので問題ない。痛みに耐えられるかどうかだけだ。

▶︎痛みの間隙を縫って昨日、スピーカーユニットをParcAudioのウッドコーンに変えてみた。変えてすぐに音質がよくなるかい?と思って聴いてみたら、驚くほど変わった。▶︎さすがはバックロードホーン スピーカーなのか?

クラシック音楽ではまだ明瞭感が増したくらいの変化だが、ジャズやロックではドラムのキックの音やパンチのパワーが格段に増した。つまり音楽としての楽しさが増したのである。

f:id:jsbgm1860:20180730095822p:plain

f:id:jsbgm1860:20180730095220p:plain

▶︎音質の変化を楽しんでいるのは単に趣味なので、人に押し付けるつもりはないが、やはり音楽の聴取環境は大事だと思う。ちょっとした変化でもこれほど音楽への印象が変わると、自分の音楽への理解はまだまだだね!と思う。

▶︎体が動けるようになれば、より活動的になれる。社会への参加もしやすいことは明らかなので、これからも治療を続けていく。