音楽と読書と社会 日記編

「音楽と読書と社会」イトウの活動など日記

【日記】【読書】学校 教師 生徒 部活動

 

みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える (ワクワク対話シリーズ)

みらいの教育―学校現場をブラックからワクワクへ変える (ワクワク対話シリーズ)

 
教師のブラック残業?「定額働かせ放題」を強いる給特法とは?!

教師のブラック残業?「定額働かせ放題」を強いる給特法とは?!

 
ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う

ブラック部活動 子どもと先生の苦しみに向き合う

 
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実

ブラック校則 理不尽な苦しみの現実

 
調査報告 学校の部活動と働き方改革――教師の意識と実態から考える (岩波ブックレット)

調査報告 学校の部活動と働き方改革――教師の意識と実態から考える (岩波ブックレット)

 
教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)

教育という病 子どもと先生を苦しめる「教育リスク」 (光文社新書)

 

 私は高校の頃、合唱部員だった。

今で言う「ブラック部活動」だった。

入部する際に、3年間部活動を続けることが前提だと言われた。

3年間とは高校3年生の卒業後3月末に行われる部活動の演奏会を終える際にやっと卒部(卒団と言われていた)である。

つまり、大学受験を終え、高校を卒業しても部活はまだ引退しない。

どうひっくり返しても、そこまで部活を続ける意味があるのか、さっぱりわからない人が多いと思う。

これは何らかの形で文章化してブログで出したいと思う。