音楽と読書と社会 日記編

「音楽と読書と社会」イトウの活動など日記

【日記】2018年12月7日 3日間寝込む。

 12月に入り、今年こそ健康に過ごすぞ!と気合を入れるものの、3日間体調が悪く、寝込んでいた。

 万難を期してストイックに過ごしていても結局は寝込んで動けなくなるので、もはや計画的人生は無理である。 

 健常な人には想像できないかもしれないが、今日の1時間後さえも予測できないのが私の人生である。流動的かつ先は見えない。これで10年先を見据えたことを考えろ、と言われても無理な話である。

 老齢年金などまるで期待できない。定年退職もない。

 でも1、2年前より今年の12月のほうがマシな部分は多い。多少は動けるようになった。眠れるようになった。痩せてからだが軽くなった。そんな喜びである。

 「人生」ということばを最近よく使うようになった。フッ日和ったな?と自認している。でも50歳くらいなら、自分のことばかりを追い求めるのではなくて、もう世の中のことやみんなのことを考えてもいいと思う。

 もちろ自分の欲を満たすこともやるけど、それだけじゃ、昔見たバブル時代の金満親父の思考だ。あれだけカネカネ言っていた連中はいまでも拝金主義のままなのだろうか。カネもいいけど、ほかに人格や知性を備えないと危険だと思うけどな。

 拝金主義の思考になると目の前の人のことが疎かになるし、リアルな人をみても尊重しなくなるかもしれない。

 こんな調子なので年末年始の予定も立てない。むしろ予定などいっさいなく、体調だけで日々決めていこうと思う。

 だって仕事を行こうとしても体が寝込むんだから、即興で生きるのがわたしにはベターな選択だ。

 明日は横浜へ行く。ぷらっとこだまでのグリーン席でライブに参加。本当に楽しみだ。