音楽と読書と社会 日記編

「音楽と読書と社会」イトウの活動など日記

【日記】【読書】2018年12月12日 いやな気分よさようなら

 

いやな気分よ、さようなら コンパクト版

いやな気分よ、さようなら コンパクト版

 

 自分も少なからず「認知の歪み」がある。

だからうつ病になったし、うつ病になることで「認知の歪み」に拍車がかかった。

私の場合はかなりの難治性なので、西洋薬物のみでは無理だったので、東洋医学的な漢方療法と認知療法を取り入れている。

認知療法でもっとも参考になったのはこの本である。

コンパクト版とはいえ400ページ以上あるからそこそこ大部である。

日本の社会に思考や感情の余裕がなくなっている気がするので、むしろ病識のない人にすすめたい。

認知の歪みの定義

1.全か無か思考

2.一般化のしすぎ

3.心のフィルター

4.マイナス化思考

5.結論の飛躍

6.拡大解釈(破滅化)と過小評価

7.感情的決めつけ

8.すべき思考

9.レッテル貼り

10.個人化

(本文35ページより)

 こういったことが多すぎる。

ここをつぶさに読むと日本は本当にPTSDになっているように思える。