音楽と読書と社会 日記編

「音楽と読書と社会」イトウの活動など日記

【日記】希望を忘れず、未来を創る。

1月末から2ヶ月近く、寝込んでいる。 体調が悪いどころではない。 身体の痛み、胃腸の不調、精神的抑圧、経済的抑圧、人格攻撃。

複雑に絡み合っていて紐を解くことが困難極まりない。

この状態が少なくとも20年続いている。 あまり自覚していなかったが、そもそもが生まれたときからこの苦しみが始まっていた。 そのことをやっと最近になって気がついた。

苦しみはその渦中にいるときは気づきにくい。

基本的にこの社会の構造はハラスメントだ。 そのことに気づかせてくれたのは本條晴一郎氏、安冨歩氏の共著書「ハラスメントは連鎖する」

ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書)

ハラスメントは連鎖する 「しつけ」「教育」という呪縛 (光文社新書)

とても精緻にハラスメントの構造を明らかにしている。 この本を読んで、自分が他人からされてきたことの99%以上がハラスメントだったということに気づき驚いた。

気づくと恐ろしいもので、善意や好意を装ったハラスメントが当然に行われているのがこの社会だとあらゆるところで実感する毎日だ。

そもそもがこんな暴力的な構造の社会で何もなく生きていける方が異常だと思うくらい。

家庭、学校、職場、果ては趣味のサークル活動ですらハラスメント構造がある。 そしてほとんどの人がそのシステムに取り込まれている。 そのシステムの中でハラスメントされている人がさらにハラスメントを連鎖させている。

このままハラスメントシステムに取り込まれたままでは誰も幸せになれない。 社会が暴走している現状を見ると私はそう感じる。

詳しくは上の本を読んでほしい。少し難しい部分もあるが、得られることはそれ以上だと私は確信している。

以下、私が考え行動すること。

ハラスメントをして人を傷つけていると知ったならば、その人に謝ろう。そしてもうしないと心に決めよう。 傷つけられたら、相手に傷つけられたその事実を言って嫌だと怒ろう。

そして、今、自分が感じているものを大切にして、望む未来を創ろう。

世の中は想像以上に残酷である。知れば知るほど絶望を深める。 しかし絶望があっても、いや絶望があるからこそ、私は今から理想の未来を創ることができる。そう信じる。

どんなに過去が残酷であっても現在から未来はわからない。 ならば自分が望む自分、望む世界をはっきり言葉で言おう。文章で書こう。

「夜と霧」の著者、V.E.フランクルの以下の本を読み直したい。

それでも人生にイエスと言う

それでも人生にイエスと言う

過酷な人生を送っている自分自身を含めたすべての人にエールを。