読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【雑談】読書はしてもしなくてもどっちでもいい。

読書の習慣のある人は読書した方がいい、すべきだ。という人は多い。

読書しない人を上から見る目線もあるような気がする。

でもそんなに読書はすべきものなのか。

昨日、娘と議論してみた。

 

結論としては、

読書したい人はすればいいし、

しなきゃいけないと思っている人や、したくない人はしなきゃいい。

 

ということだった。

確かに読書好きな私としても、読書するといいことはたくさんあるので、おすすめする点はたくさんある。

様々な知識・知恵を得ることができる

多様な視点に立てる

抽象度の高い考え方もできるようになる ‥など

 

とは言え、もっとも大切なことは

本を読みたいと心から思わないと、本から得るものは圧倒的に少ない、ということ。

言い換えれば

読書したいと思う時に読む時が一番本から得るものが多い、ということ。

 

たまにあるが、読書をする人でも、

これは読まなきゃいけない

ああ読み切れなかった

 

と義務感に囚われて読書しているときがあるということだ。

それは私の過去の体験でもあるのだが、

それって、趣味の義務化みたいなものではないか?ということ。

 

読書を仕事のためにするのならともかく、

多くの場合、自己啓発や知識欲、読むこと自体が楽しいという動機が一番大切だし、

読みたいと心から思うことが、もっとも本の内容を理解する、著者の言いたいことを理解するということになると思うのである。

 

だから、

読みたいときに読む

読みたくない本は読まない

途中詰まらなくなったら放り出しても構わない

積読で背表紙を眺めているだけでも読書

 

と読書を気楽にゆるく捉えればいいのではないかと思う。読書の敷居を低くするということ。

これは宇都出雅巳さんの著書にも書いてある。

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 もうこのブログではおなじみの本であるが、読書を広く深く書いてあるいい本だと思う。

私は、一応読書するうえで自分で決めたことはある。

  1. 一月100冊以上目標400冊読む。
  2. 読んでいてよくわからなくてもとりあえず、最後までページをめくっておく。
  3. わからないことはわからないと認めたうえで、何度も繰り返して読む。

こんなところであるが、

それは自分のゴールからして、このくらい読んでいて当然の状態だと思っているからであり、

義務感でなく自分のしたいことであり、自分の読書は他人と比較するものでもないと思っているからでもある。

 

そういうわけで、読書はしたい人がすればいい。

ただし、読書することでものすごくいいことがあることはものすごく実感していることなので、

しないのはもったいないかな~とは思う。

でもそれは私が思っていることなので、やはり無理強いもできないし、ましてや読書しないやつは愚劣などとも思わない。

今日はそんなところで。

 

【レビュー】KindleVoyageの操作感

風邪ひきました。

かかりつけのクリニックで診てもらい、薬をもらってきました。季節の変わり目にはくれぐれもご用心。

体調もすぐれないので、さほど読書は進まないけれどペースを落として横になって読んでます。

 

今日はKindleVoyageの操作感をレビューします。

 

Kindle自体はもう3,4年くらい使用しているので、iPadなどの液晶タブレットなどと比べたもっさり感は慣れてしまったという前提で書いていきます。

でもやはり、文字入力したり、パスワードを入力するときのモッサリには結構イラつきます。

 

ページめくりに関してKindleVoyageはかなりいい線行っている。

左右ベゼルの端っこにページ送りと戻りボタンがついている。ただ触っただけでは反応せず、少しグイッと押すとページがめくられる。これがなかなかいい。左右に同じボタンがあるので、持ち手が左右どちらでも対応可能。

もちろんスクリーンをスワイプすることもできるのでPaperWhiteからの移行ユーザーにも違和感なし。

 

重量感。ここまで軽くて薄ければまず不満はない。通勤中の片手読書でも疲れない。スーツの胸ポケットにも入るし、軽いので入れていても違和感がない。

 

電池の持ちはまだよくわからない。おそらく1週間くらいは軽く持つと思う。ちなみに私の1日のKindleVoyageでの読書時間は1時間から2時間。

 

書籍内文字検索。これも簡単。スクリーン上方をタップして検索窓に文字を入力するとその文字が出ている個所がざっと出てくる。

f:id:jsbgm1860:20170419123327p:plain

 

こんな感じです。

 

電子書籍バイスではKindleVoyageが私にとっては今のところベストですが…。

不満があるとすればメモリが実質3GBちょっとしかないようなので、将来的にはマンガモデルのように32GBくらいの容量のものが欲しい思います。

おそらく、数年内に出そうな気がしますが。

お値段が25000円と初めての電子書籍バイスとしては高いです。初めて電子書籍の方はPaperWhiteで試してみるという手もありです。

最後に、Kindle内に書籍をため込んでくると、一目で見られるような直感的な操作性を考えてほしい。まだスクロールするのにカクカクするので操作しづらい。

 

以上。KindleVoyageの操作感でした。

 

 

 

【読書】侮り難し。岩波ジュニア新書

最近、読書しながら思っているのが、ジュニア向けの新書、文庫がなかなかスゴイということ。

筑摩書房だとちくまプリマー新書。これも著者が松岡正剛内田樹竹田青嗣藤田紘一郎と錚々たる面々で押し出しが強い。

 

しかし、最近は岩波ジュニア新書を改めて読み直している。以下最近読んで良かった岩波ジュニア新書を羅列。

 

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)

砂糖の世界史 (岩波ジュニア新書)

 

 

 

日系人の歴史を知ろう (岩波ジュニア新書)

日系人の歴史を知ろう (岩波ジュニア新書)

 

 

 

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書)

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書)

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)

ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)

 

 

岩波ジュニア新書は中・高生対象にしてはいるが、どっこい大人が意外と知らない事も書いているので、子供向けだと甘く見てはいけません。

 

理由としては、

 著者の主張が明確で分かりやすい

 中学生でもわかる前提にしているので、中学時代に苦手意識を持っていたものでもなんとか理解可能

 新たに知る分野の概略を知ることができる

内容、視点がユニークなものが多く、かつ期待を裏切らない確率が高い 

 

上に紹介したものでも特に

 

砂糖の世界史

自分で考える勇気

魂をゆさぶる歌に出会う

 

この3冊は特に私の必読書となっています。

 

今度は以下のものを読むつもりです。

 

英語で読み解く賢治の世界 (岩波ジュニア新書)

英語で読み解く賢治の世界 (岩波ジュニア新書)

 

 

 

経済の考え方がわかる本 (岩波ジュニア新書)

経済の考え方がわかる本 (岩波ジュニア新書)

 

 でも、肝心の中・高生が岩波ジュニア新書を読んでいるかどうかというのが一番の疑問です。

中・高生、いや大学生を含む学生の皆さん、おすすめですよ。

 

【雑談】買ったよKindleVoyage

KindleVoyage予定通り購入に至りました。

f:id:jsbgm1860:20170416054851j:image

リアル書籍の良さもあるけれど、気軽にどこへでも持ち歩けるところがKindleの良い面なので、読書家と名乗るならば持って使うのはやぶさかではない。

 

Kindle、KindlePeperwhiteと使ってきたが、このVoyage、何と言っても圧倒的に薄くて軽いので長時間の読書はかなり楽になる。

この中に芥川龍之介夏目漱石太宰治宮沢賢治の全集が収まっているというのはもう奇跡という他ない。大げさかも知れないけれど。

 

KindleVoyageのレビュー系の情報はネットにあふれているので、あまり同じ事は書くつもりはないが、とりあえず感想。

 

電子書籍リーダーとして見てこの端末の良いところは

  スマホタブレットのように目が疲れない

  当たり前だがどれだけ電子書籍を買ってもかさばらない

  長時間の読書疲れが少ない

  ページめくりの速さは少し改善されている

 

と言ったところ。

 

ここはこうあってほしいというならば

  Amazon電子書籍になっていない本も読めるといい

  検索や文字打ちする時のレスポンスを良くしてほしい 

  容量は実質3GBくらいしかないのでどうせなら16GBくらいにしてほしい

  

くらいか。

 

今は電子書籍リーダーは実質Amazonの一人勝ちなので、競争による商品のブラッシュアップの緩慢さを感じるところ。

SONYは撤退したも同然だし、楽天koboって今でもあるか?というくらいの知名度だし、もっと活気付かないかなと個人的には思う。

 

以上、簡単なレビューでした。

 

 

 

 

 

 

【雑談】KindleVoyage購入へ

今日の読書会でも、Kindleで読書してきたという方、結構いらっしゃいました。

私もKindle、KindlePeperwhiteと使ってきましたが、ぺージめくりの不便さで通勤電車で片手で読むのはどうしても難しく、手放したのです。本を家族で共有できないのも痛い。

でも、今まで購入したKindle本が結構あるんですよね。iPadminiでも読めるのですが、画面がまぶしくなってくるので、この齢の目には弱い。

で、再びKindle。読書量が増えるのはいいかが、毎日カバンに3,4冊の本を持ち歩くのは無理がある。

というわけでKindle。それもページめくりが楽で軽量なVoyageというちょっと上位の機種を年内にでも購入しようかと2か月前から構想していた。

今日になって、近々臨時収入が少し入ることになり、じゃあ早速買おうと決めた。いえ、カード払いは極力やめたいので、にこにこ現金払い。今週末に注文して休日使い始めようかと思う。

 使い始めたらまたレビューしようと思うので、どうぞよろしく。

 

【読書会】今日は孔子の「論語」でした。

 先月初めて参加した朝活読書会。今回は論語ということで、また参加してきました。

 上が指定本。かなりわかりやすいらしいです。

 

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

 私は上の岩波版が家にあったので(というか、娘の部屋にあったのを持ってきた)、こちらを読んでみた。

 

家で何回読んでも腑に落ちなかったので、儒教やその周辺を読んでみようということで、

 

世界がわかる宗教社会学入門 (ちくま文庫)

世界がわかる宗教社会学入門 (ちくま文庫)

 

 

 

 こんなところを読みつつ、今朝の読書会に参加。

 

色々な人の考え、見方を聞けるのはいいですね。論語大好きな方から、よくわからない!という方まで。

もう少し経ってからもう一度論語は時間をかけて読みたい。しばらくはその背景やほかの四書五経も読んでみたいし。

【図書館】今日は久々に図書館

これだけ多読していると、お財布事情が厳しくなってくる。

というわけで今日は久しぶりに図書館へ行ってきました。

朝イチに名古屋市東図書館へ。

ここはナゴヤドーム前にある図書館で、児童書コーナー、スポーツコーナーが充実している図書館。

f:id:jsbgm1860:20170409161817j:image

カミさんと私の図書館カードで12冊借りました。

 

次に

長久手市中央図書館。

全国的にも住みやすい街としても知られる長久手市の図書館。

近くには長久手古戦場があるためか、歴史書関係が充実してました。

f:id:jsbgm1860:20170409162136j:image

ここでの収穫はイアン・カーショー著ヒトラー 上下巻。合わせて本文のみでも1400ページ、価格も19000円という高額な書物なので、

買って読むか随分躊躇していた矢先にここで見つけてしまったので、即借りてきました。

2週間で読み切るつもりでいますが、これもまたチャレンジです。

 

図書館は中高生の頃はよく利用していて、中学の時は日曜日は昼ごはん食べたら近くの図書館に行き、閉館時間まで入り浸っていました。

今、

あらためて図書館のありがたさを実感してます。