生きていく読書と音楽

読書と音楽を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

福島のいま。2018/01/11の福島がライブ配信されました。ジャーナリスト烏賀陽弘道さんと一月万冊清水有高さん


福島ライブ烏賀陽さんと一月万冊清水有高

2018/01/11 にライブ配信

2011年3月11日東日本大震災からもうすぐ7年が経とうとしています。

しかし、福島の現状を定点観測しつづけている人はほとんどいないのです。

その中で定期的に福島を訪れ、記事を書き続けている貴重なフリージャーナリスト烏賀陽弘道さん。

先日、YouTube動画チャンネル一月万冊清水有高さんのチャンネルで生動画配信されました。定点観測している烏賀陽さんの詳細な解説付きです。(烏賀陽さんが車を運転して風景の変貌までお話しされています)

投稿サイトnoteで詳細な記事が買えます。1記事500円ほどですが、それぞれにたくさんの写真があり、現状でも全く復興すらない、むしろ悪化しているとも見えるものもたくさんあります。買って読むことは躊躇するかもしれませんが、一つの記事でもいいので買って読んでみてください。

上記ライブ動画を合わせて見ると、これを看過すべきものではないと思います。

note.mu

 

note.mu

note.mu

note.mu

 

 

原発事故 未完の収支報告書 フクシマ2046

原発事故 未完の収支報告書 フクシマ2046

 

 

 

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)

 
「Jポップ」は死んだ (扶桑社BOOKS新書)

「Jポップ」は死んだ (扶桑社BOOKS新書)

 
Jポップとは何か―巨大化する音楽産業 (岩波新書)

Jポップとは何か―巨大化する音楽産業 (岩波新書)

 

 烏賀陽さんは音楽にも造詣が深く、音楽から見た日本の社会構造を指摘した本も書いています。

 

ここから私の話は音楽と震災にリンクします。

震災の時、あちこちでチャリティ・復興支援コンサートが行われました。

しかし、今はどうなのでしょうか?感傷的な思い出になっていないでしょうか?

決して感傷的な過去ではなく、今も震災、原発事故の影響があるのです。むしろ日本社会から離された「物語」になってはいないでしょうか。

烏賀陽さんが今も取材し続ける内容が今の日本の姿を示しているのではないでしょうか。

これは音楽をする者、聴く者でさえも、すべてが「知る」ことが必要ではないでしょうか。

時に音楽がファンタジーとしてあってもいいのですが、ファンタジーを超えた今の現実を知り、音楽に何ができるのか?

現実の福島を見ると今でも復興とは程遠い現実に対して私たちはいったいなにができるのか?

 

読書と音楽と社会、これらをリンクさせて考えていくと、私にはこれからやることが見えてきました。

ありがとうございます。烏賀陽弘道さん、清水有高さん。

Facebookライブ配信へとさらに先

ほぼ毎日Facebookライブ配信をしています。

今のところ、個人ページ中心ですが、「音楽と読書と社会」ページへは内容をすこし考えてつつやっています。

動画配信というのはやってみてはじめてわかることが多いので、非常に勉強になります。

ライブ配信内容を文字に起こすのも考えていますが、今や音声認識して文字に起こすのも簡単ですから、またやってみようと思います。

 

よろしくお願いします。

「音楽と読書と社会 」という活動。

ブログ再開します。

Facebookで動画配信をしていましたが、今回「音楽と読書と社会」というFacebookページを立ち上げました。

 

簡単な趣旨をここではご紹介します。

 

音楽大学芸術大学を卒業して社会的経済的な評価を得たい、成功をしたい人をサポート、シェアしたい。

聴き手として、支援者として音楽家を育てたい。

音楽を幅広く捉えて、クリエイティブな社会づくりをしていきたい。

 

これらが私の活動の軸になります。

音楽は長い月日と経済的な支えがなければいいものができません。

特に、クラシック音楽を中心に活動する音楽家は多いですが、多くの方々には活動の幅は広くなく、かつ経済的にも恵まれません。

活動をするには、慈善的なパトロンや近親の支援者に頼っている事が多いです。

しかし、現代ならインターネットや様々なプラットフォームにおいて演奏家の活動をアピール、認知することは想像以上に可能であると考えます。

音楽家と聴衆の距離も近くなり、より直接的(カンパ、支援金、など)な応援が可能になっています。

そうした音楽家と聴衆のインタラクティブな交流の中で新たな音楽を創造し、社会への音楽の価値をつくりだす。

 

これが私のねらいです。

音楽は単に、癒しや快楽としてではなく、社会が創造的に活性化するキーワード、キーアートであるのです。

音楽を単に音楽娯楽としてだけではなく、社会性を持った活動と捉え、経済的にも成立するような活動をつくりだしたい

 

以上、これからはこんな趣旨で読書と音楽の活動をしていきます。

よろしくお願いします。