読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

CD→本に変換

戸川純 読書 買い物

▶今夜は家族で外食なので早めにブログを書く。

▶どうしても欲しい本があったので、午前中にバナナレコードへ行ってCDを売却してきた。結構な枚数だったけれど、8800円で売却。意外に金額は伸びず。

 

戸川純全歌詞解説集――疾風怒濤ときどき晴れ (ele-king books)

戸川純全歌詞解説集――疾風怒濤ときどき晴れ (ele-king books)

 

 これがどうしても読みたかったが、しばらくは金欠なのでCDを売ってきたわけ。

戸川純の作詞した詞の解説を本人がしている、というなんと素晴らしい本であることか。

▶さっそく読み始めているんだけれど、もう戸川純は天才的!理解できるとかできないとか、共感するしないとか、そんなの関係ない。

▶私は30年間彼女の曲を聴いてきたが、その語彙の豊富さとイメージのつけ方が大好きでいつもこの人どんな本読んでいるんだろう、と気になっていた。この本には作詞した時にまつわる話や、幼少の頃の話、様々に及ぶ。

▶戸川ファンはもちろん必携だろうが、ほかの人も読む機会があるといいなあと思う。きっとすぐ絶版になってしまうだろうから、この世界を感じることができない人は一種の不幸かもしれないと思うほどだ。

▶これはジュンク堂書店で買った。他にハードカバーや単行本、文庫本を3冊買ったら、結局手元にお金が残らなかった。ほぼプラマイゼロ、CDが本に変換されたということ。でも、かえって心は豊かになったけれどね。