読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【読書】どんな本を読みたいか。

読書の合間の雑談。先ほど、家から20分くらいのところにできた草叢ブックスに行って来ました。

horano.jp

古本在庫30万冊の触れ込みもあったので行ったら、今日から3日間20%オフ!文庫と新書4冊買いました。

中にハンナ・アーレントの「人間の条件」もあります。新品は1500円。今回他のを含めて4冊を1100円で買ったので、かなりのバーゲンプライスでした。特にこのアーレントの本は読みたかったので偶然とはいえ、嬉しい買い物でした。

 

さて本題。

私はどんな本を読みたいか?

 

いつも書いているんですが、古典書ですね。以上

 

 

で済んだらつまらないですね。

 

どんなカテゴリーを読んでみたいか。

 

宗教本

仏典・聖書・コーランなど、世界の重要な宗教の原典を読みたい。私含めて日本人は宗教に無知すぎる。オウム事件から新興宗教に必要以上に過敏になって宗教を怖がって理解しようとしていないのではないか。

 

経済・法律、社会科学本

アダム・スミスケインズマルクスモンテスキュー、ルソー、など。私は大学では歴史をかじった程度で社会科学には全く無知であるから、今からでも読みたいから読んでいる。また、大学でできなかった社会学の勉強もしたいため、マックス・ウェーバーなどの社会学系の本も読みたい。

 

名前は知っているが、実は読んでいない本

これは昨年からずっとこだわって読んでいる。日本文学なら夏目漱石井伏鱒二谷崎潤一郎等々。海外文学もドストエフスキーチェーホフスタンダールゲーテヴォルテール、ダンテ、カフカ、どんどん読んできた。

 

哲学本

最も読んでいる&読みたい分野の本。なんといってもプラトンアリストテレスデカルト、カント、ヘーゲルニーチェウィトゲンシュタインバタイユハイデガーアーレント、まだまだ時間をかけて読みたい本ばかりだ。

 

数学・自然科学本

文系人間で生きてきたが、数学や自然科学への知識も欲しいと思えてきた。

 

ノンフィクション本

これが意外に盲点で、さほど積極的に読んでいない分野なので読みたい。

 

ビジネス本

散々読んできたが、改めて実践を含めて読みたい分野だ。コーチングが今一番自分の中では熱く読んでいるもの。

  

歴史本

すでにヘロドトスの歴史本、カエサルガリア戦記積ん読状態ですぐにでも読める。このような古典以外でも、世界大戦について書かれたものも含めて読みたい。

歴史から学ぶことはとても多いから。

 

というわけで、結局のところ、読みたい本というのは…

 

 

読んだことのない本すべて!

 

ということになるかな~。

 

終わり。