音を読む 本を聴く

イトウの音と本の綴織

【読書感想】 2020年2月20日

体調は予想よりも芳しくない。コロナウィルスの心配もあり、うかつに出歩けなくなってきた。なんせ感染が怖い。マジで死ぬで。 

今日は少しずつ読んできた本の感想 2冊を。

イメージを読む (ちくま学芸文庫)

イメージを読む (ちくま学芸文庫)

「イメージを読む【美術史入門】」若桑みどり ちくま学芸文庫

美術、特に絵画を読み解くことに興味があった。

絵画を読み解く、それは絵の理解を深めることだけではなく、当時の社会背景や歴史を知ることにもなる。

単に美しさや楽しみという観方だけではなく、その絵の思想背景や画家の生き方を反映するものと思うと表面だけではない、芸術鑑賞の面白さを知ることができた。

私は音楽が好きなので、同じようなアプローチを音楽でもやってみたくなった。特にルネサンス期のポリフォニー音楽はすぐに応用できると思った。

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

「学びを結果に変える アウトプット大全」樺沢紫苑 サンクチュアリ出版

インプットはするものの、それをどう応用するか?を考えていた。最近メモ書きしアウトプットていたが、むやみやたらすぎるので、もう少し合理的にできないものかと思い、読んだ。

本書はとても具体的で明快だ。行動に結びつく80のトピックがあり、自分ができそうな項目が14個あった。まずこれからやろうと思う。

例えば「決断する 5秒で決める ワクワクするもの、最初に思いついた方からやる」「続ける 今日やることだけを考えて、先のことは考えない」「やってみる トライをする。人生に失敗はなくエラーしかない。エラーをたくさんやって徐々に成功に近づく」など気づきが多かった。