生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

クーベリックのドヴォルザーク 交響曲第7番

f:id:jsbgm1860:20161012172626j:plain

 

ドヴォルザーク 交響曲第7番 ニ短調

ラファエル・クーベリック指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

(1971年録音)

 

今日は心のシャットダウンの日にした。何もせずひたすら眠っていました。

起きて聴いたのはドヴォルザークの第7交響曲

有名な第9番新世界よりやはじけ方が尋常でない第8番、それにも劣らずこの第7番もあくの強い、スラブ色が強い(とアーノンクールが言っていたような)渋さが素敵な曲。

あまり注目しなかったドヴォルザークの作品群。室内楽などもたくさんあるから、ぼちぼち聴いています。

秋にはドヴォルザークの曲は何となく合いますね。