読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていく読書

読書を生きていく糧に。そして理解しあえる世界に。

【読書】 ボッツマン、ロジャース「シェア」 フランクル「夜と霧」ほか

歴史 経済 自己啓発 読書 読書ログ

今日も休日。

午前中はいつもの食料買い出し。合間を縫って読書。ルソーのエミールは上巻で頓挫する。どうもなじみがよくない。来週中巻から再開する予定。

 

ボッツマン、ロジャース「シェア」

10回通読。もっと細かく読みたいが、格差社会と言われる現代を乗り切るキーワードが「シェア」なのかもしれない。発想は昔からあるが、それに現代のテクノロジー、AIなどにもつなげるといろいろと可能性が広がる。

 

シェア [ペーパーバック版]―<共有>からビジネスを生みだす新戦略

シェア [ペーパーバック版]―<共有>からビジネスを生みだす新戦略

  • 作者: レイチェル・ボッツマン,小林弘人,ルー・ロジャース
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

フランクル「夜と霧」新版

再読。以前読んだときはは強制収容所での人々の絶望が衝撃的な印象だった。今回読み直すと、こんにち様々な虐待や非人道行為にさらされている人々についても同じ心理状況かもしれないとも感じる。この本は何度も繰り返し読み、読み手がくりかえし社会へ還元するものがあると思う。私も何かできるのでは。人類の必読書。

 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 

宇都出雅巳「どんな本でも大量に読める『速読』の本」

エミール中巻で息苦しくなったので私のデフォルト本のこれを再読。何回でも同じ本を読むことが大事。高速大量回転がキーワード。ちょっと読みづらい本は背表紙だけを見る(積読)だけでも読書になる、と。読書に決まったスタイルはない。本の内容すべてをわかろうとはしなくていいし、逆にわからないから何度も読もうとするわけだ。今日も気楽に読書しましょう。

 

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

どんな本でも大量に読める「速読」の本 (だいわ文庫)

 

 

苫米地英人「言葉があなたの人生を決める」

この本も私のいわゆるデフォルト本。再読。下手な成功本を読むより数万倍はこの本には価値があると思っている。あえて欠点を言うなら、すべてきっちり書いているので、突っ込む余地がないこと。まあ、本の通りアファメーションをすればいいんだけれど。

 

「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

 

 

岡本太郎「自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか」

再読。もう何度も読んで、何度もどやされる。自分らしく生きるなんてちんけなこと言っていないで人間らしく生きればいい。エゴな幸せなんていってないで、世界の惨状とつながっていることを感じよ。岡本太郎にできて、自分にできないことはない、という気概を持て!

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)